受験生の一年間(例)


実際の卒業生の成績データを元に、受験生の一年間に密着しました♪

 

2015年の4月~3月の一年間の、成績の推移や学習態度等を含め、マイプレイスでの”変化”に注目です!!


春(4月~6月)


●4月に入塾してきた中学3年生

2年生の学年末は250点ちょうどだったと言います。

「勉強のやる気は、ないわけではない・・・。けど、何から始めて良いか、やり方から全然わからない・・・。」

 

意欲はあっても、どう行動して良いかわからないと悩んでいた中、マイプレイスのチラシを見て相談会に来てくれ、入塾となりました。

 

最初は「英語はできます。数学がわかりません・・・。数学を中心に受講したいです。」との申告から、週2コマの数学の授業を開始しました。

 

●中間テストで50点UP!!

忘れていたり、学校の授業で聞いていたことが抜けていたりしましたが、当塾の特徴でもある演習量に磨きをかけるとともに、自習室を活用し、中間テストでは300点ちょうどにまで点数が向上しました!!

 

●期末テストではさらに35点UP!!

中間で自信をつけ、期末ではさらに勉強量を確保できました。

結果は見事335点!!

特にプリント学習で勉強のやり方を身に着けた社会は90点を越えるなど、受験生として順調な滑り出しを見せてくれました!!

 

●順調な定期テスト・・・、一方課題の実力テスト。。。

範囲の狭い定期テストは、直前の頑張りで点数を上げましたが、初めて受けた塾内模試では偏差値が30代・・・。自称”サボっていた”中1・2年生時の内容がボロボロでした。


夏(7月~9月+夏期集中特訓講座)


●定期テストで得た自信を元に、進むプリント枚数!!

定期テストの点数UPで気をよくしたのか、どんどんと学習意欲も高まりを見せます。

最初は塾も面倒だったらしく、ごまかしていた英語の苦手さをカミングアウト(もちろん気づいていましたが・・・)。

英・数を中心に、週4コマの受講に切り替え、どんどんと演習を重ねました。

 

●実力テスト対策に、夏期集中特訓講座★

悔しい結果に終わった模試を受け、夏期講座では苦手単元を中心にカリキュラムを組みました。夏だけで20コマ程度の受講(これでも費用は一般の個別指導より低価格です!!)で、苦手単元を克服していきました。

 

●懇談で変わってきた志望校

この期間も、授業だけでなく自習に来て、学校の提出物を自習中に仕上げていました。

最初は「A高校にいけたら言うことない!!」と言っていたのが、この頃の懇談会では「A高校は家から近いけど、やっぱりB高校の方がやりたいことができそうやから、B高校にしよかな!?」と進路希望にも変化が出てきました。


秋(10月~11月)


●毎月テスト!!

中3生の秋以降は、本当に毎月テストがあります。

そんな中、中間テストは330点、前回よりも5点下がる結果に。

3年生の初めには「300点取れた、感動や!!」と言っていたのが嘘のように、悔しがっている姿が印象的でした。

 

●まだ上がらない9月の模試

9月に受けた2回目の塾内模試は、またも惨敗。ほとんど同じような結果になりました。

実際は答案用紙に変化が表れ、上昇の兆しはあったものの、結果には反映されず。

本人はかなり悔しがっていました。

 

●オープンスクールと質問三昧

ここからは志望校選びも本格化してきます。

毎週のようにオープンスクールに行き、高校の一覧表を見ては質問攻め、こちらも真剣に答えるので、授業後はいつも残っていましたが、だんだん志望校も固まってきました!!

 

●期末テストは過去最高点♪

期末では、中間テストの5点downの悔しさを晴らすように、370点、自己ベストでした。

しかしそれでも、反省の言葉が並び、成長を感じずにはいられませんでした。

 

●11月の模試は過去最高!!

そして、11月に受験した模試は偏差値が1ポイントほど上昇、過去最高の結果でした!!

授業で復習した効果が徐々に結果になって出てき始めました★


冬(12月~3月+冬期集中特訓講座)


●過去問に挑戦!!

冬期講座では、普段の授業に加えて完全マンツーマンでの過去問指導対策も実施。

初めて見る過去問に圧倒されながらも、徐々に実力を発揮できるようになってきました。

 

●過去問で出た課題を授業ですぐに解決!!

過去問を解き進めると、新たな課題がでてきます。

そんな時、マイプレイスでは対象単元のプリントをすぐにやり直して、苦手克服に努めます。この時期になると、「先生、○○の単元やりたい!!」と自ら内容を指定。

塾に来る前から、「今日は○○をやろう」と考えていたりするので、学習効率は格段にUPしていきました。

 

●学年末テストは最高の結果に・・・

人生で初めて受ける私立の入試を2週間後に控えた状態で、残る最後の定期テストに挑みました。結果は375点!!見事過去最高を更新しました。

入試の対策と定期テスト対策を並行しながらの過去最高は本当に立派でした。

 

●私立合格、そして・・・

そして、なんなく私立高校を合格、最後は公立入試でした。

ここで、まさかのどんでん返しが・・・

懇談で、「先生、志望校をC高校に変えようかな・・・。」

理由は友人関係にあったそうですが、それまで様々な高校を自分で調べ、質問してきた結果でした。私たちとしても最後は背中を押して、全力でサポートすることに決めました。

 

●志望校合格!!

倍率におびえながらも、見事志望校に合格!!

入試が終わってからも、「塾がない生活が違和感」という名言?(笑)と共に、結局毎日自習にきました。高校からの課題も早々に終わらせ、卒業パーティーも開催♪

「○○塾は芸人の△△が来るらしい、マイプレイスはどの芸人が来るんかなぁ(笑)」

と言われながらも、楽しく送り出すことができました。

※もちろん芸人さんは呼んでいません、ごめんなさい!!

 

●そして今・・・

高校でも順調な点数を取っているようです。

「勉強のやり方」を身に着けてくれた典型的な例でしたが、マイプレイスの自立個別は単なる授業や演習だけではありません。

「勉強のやり方」を身に着けてもらうことで、勉強自体が得意になり、意欲も高まるのです。でも、大切なのは目の前のプリント1枚1枚、問題の1問1問といかにむきあえるかです。

 

●1年間で、授業中だけで1200枚以上のプリントを演習

上記の生徒が1年間に解いたプリント枚数は実に1200枚を超えていました。

さらに自習中にはカウントしていない大量の演習を課していたので、恐らく3000枚近いプリントを演習していたと思います。

普通に考えれば難しい演習量ですが、マイプレイスではコツコツ頑張るための「仕組み」があります。是非マイプレイスの演習を体験してみてください。必ず「勉強のやり方」の習得につながります!!