指導方針『解く力』の向上

「理解力」×「演習量」=『解く力』の向上(成績UP)


成績を向上させる為には、「理解力(わかる)」「演習量(できる)」が必須条件です。

 

スポーツを例にとるとわかりやすいのですが、例えば野球でピッチングがうまくなりたいと思ったら、その近道は2です。

①コーチに正しいフォームを教えてもらうこと。(理解力)

②フォームが身につくまで、繰り返し練習すること。(演習量)

 

スポーツを通じて練習の重要性を痛感したことのある人は多いと思いますが、勉強も一緒なのです。

教わって理解することはもちろんですが、どれだけたくさん練習するかはもっと大切です。

■マイプレイスでは授業中に、個別解説(理解力)だけでなく豊富な演習量も確保しています。

授業は、個別カリキュラムを作成し、解説や質問も個別に行います。

さらに、受験生は3か月で500年間で2000枚以上プリントを授業中に演習します。

日々の小テストや宿題等も含めて、家庭学習や自習室での学習もサポートしています。

 

つまり、講師の個別解説(理解力)多くの演習(演習量)で、

成績を上げる為の時間を授業内で確保します。

家での勉強が苦手、部活が忙しいという方にも、効率の良い学習で成績UPを目指すことができます。

 


勉強もスポーツも、理解しただけでは定着しません。 

 大切なのは理解したあと、定着する為の練習をすることなのです。

■学習プログラム「eトレ」

豊富な演習量をサポートし、質の高い学習内容を提供できるよう、18万枚のプリントが登録されている学習システム「eトレ」を導入しています。

学校の教科書内容の問題演習から高校入試問題演習まで幅広く登録されていますので、定期テスト対策・入試対策等、5教科全てでサポートできます。

 

また、単にプリントを解き進めるだけではなく、それぞれにレベルに合わせた合格ラインを設け、合格時には次の問題へ進み、不合格時にはやり直しと類題演習を行うことで、「わかったつもり」のままで放置することを防ぐシステムになっています。

 

分からない問題については、もちろん先生が個別解説しますが、まずは自ら調べ、考えてから質問するように声をかけていきますので、自分で“解く力”が自ずとついてきます。