<雑学クイズ>海の塩辛さは変わる??

<知って楽しい勉強雑学クイズ!!>

海の水の塩辛さは変わる?

 

①一定に保たれている

②だんだん塩辛くなっている

③だんだん塩辛くなっている

④時代によってかなり変化している

 

海水は川や湖と違って、とても塩辛いですよね。

それにももちろん理由があります。

塩辛さの原因は、実は海ではなく「川」にあったんです!

 

 まずは正解の発表です!

正解は「一定に保たれている」でした!

 

そもそも海の水が塩辛いのは、川から流れてくる水が、岩から塩分を溶出させて、その塩分を海に流し込んでいるんです!

 

どんどん川から海に水が流れ込んでいくので、どんどん塩分が濃くなっていきそうですが、ここ数億年では塩分量はほぼ一定だったそうです。

 

それは、熱い地域に秘密が。

例えばペルシャ湾には、塩平原という、ほとんど塩で覆われている平原があります。

このような場所では、水分が急速に蒸発して大量の塩分が残されています。

 

こうやって、海の中の塩分量が減って、一定に保たれているそうです。

世界の沿岸部各地で、このように塩分を調整するような働きが起こっていて、それが塩分が一定に保たれている要因だそうです!