担当者ブログvol.2

 

こんにちは、担当者の布施です!

2回目の投稿、何とか継続できました(笑)

 

この一ヶ月間、個人的に大きな出来事が続きました。

父が倒れて入院し、バタバタしていることろで祖父が亡くなり、通夜にお葬式。

模試の準備、中間テストの準備、入試対策の準備に日々の授業混乱しながら、何とか今日を迎えています。

ご迷惑をおかけした皆さん、この場を借りて、本当にありがとうございました!!

 

かなり個人的なことも書いてしまいましたが、それも担当者ブログならでは、と勝手に考えています、お許し下さい(笑)

 

ちょっと重たいテーマですが、人の死に触れると、多くの事を考えます。

でもいつも結論は「悔いなく生きる」ということにたどり着きます。

まだまだやり残したこと、課題がたくさんあって、それを片付けていかなあかんなぁ、とつくづく考えさせられました。

 

やっぱりシンプルに、「もっと仕事頑張ろう!」と強く思い、少しでもマイプレイスをええ塾にしたる!と決意をした次第です。

 

さてさて、今日は前回の続き。

前回は「マイプレイスの誕生秘話」的なことを書きました。

料金を出来るだけ下げて、より通いやすくて、充実した勉強生活を、と設計しました。

 

でももちろん、「安物買いの銭失い」になってはいけません。いかに質を高めていけるかが勝負です。結局は卒業する時、卒業した後に「マイプレイスに通って良かった!」と言ってもらえるかが大事です。

 

つまり、成績を上げること、勉強のやり方を身につけること。

 

そしてここでも、個別指導時代のジレンマがヒントになりました。

それは「わかったつもり」で出来ない生徒たちの存在でした。

 

簡単に言うと「勉強不足」。

塾で授業を聞いて「わかったー!」とテンションを上げる生徒。

教える側は「わかった」と言われ、気分も良くなり、テストも期待します。

ところが、ふたを開けると悲惨な結果に

塾の中では「わかった」のに、忘れちゃうんですね。

重要なのはそれを「反復」して身につけることなのに、そこがどうしても抜けてしまうんです。。。

 

 

この課題を解決しなければ、成績を上げることはできません。

だからマイプレイスでは、「反復する」ことに特化した授業を考えました。

 

生徒は飽き性です。

同じことの繰り返しを嫌います。

例えば「やり直し」って、ほとんどの生徒が嫌いです。

一番力がつくのはやり直しなんですが・・・。

 

そこで、マイプレイスでは一般的なテキストを使うのをやめました。

教材は全部プリントで、何回でも同じ問題を「新しいプリント」でやれるようにしました。この「新しいプリント」が重要な要素だと考えています。「新しい」というだけで、自然とまた手が動いてくれるんです。生徒って不思議です(笑)

 

授業中はとにかく「反復」

宿題もプリントで、ここでも「反復」

テスト勉強も「反復」

とにかく手を動かして、問題を解いて、「反復」して身につけることを目指します。

 

もちろん、細かなやり直しなんかもやりますが、基本はこの「反復」こそが大切だと思って指導しています。

 

・・・とまぁ、反復の重要性を反復しながら説いてみた訳ですが、もちろんそんなに簡単にはいきません(笑)

でも、たくさんの成功体験も積み重なってきました!

次回は特定の生徒に焦点を当てて書いてみようかな。

 

では、次回もお楽しみに★

ご拝読ありがとうございました。